生き方

【得意を伸ばそう】自分の苦手は誰かの得意、自分の得意は誰かの苦手

苦手なことを一生懸命克服しようとしていませんか?

「あの人はなんでもすぐ出来てすごいなぁ…」

「この苦手部分を頑張って潰せば、もっと認められるかも…」

私も昔、そんなことを考えていました。

努力しないと認めてもらえないとか、全部できないといけない、完璧じゃないといけない。

そんなことを考え出すと、どんどん苦しくなっていきますよね。

でも、考えてみてください。

苦手なことを克服する時間を、得意を伸ばす時間に使った方が楽しくないですか?

心が楽になる考え方を身につけた私が、体験談も含めてお伝えします。

今、苦手を克服することに行き詰まっている人にぜひ読んでいただきたいです。

苦手は克服しなくて良い

あなたはなぜ、苦手なことを克服しようとしていますか?

頑張らないと認められないから?

苦しんだ分だけ、未来が明るいと思ってる?

それ、思い込みです。

そうなるように、あなたが願ってるんです。

頑張らない自分は認めてもらえないっていう環境をイメージしてしまっているから、そうなってしまう。

頑張らなくても認めてもらえる未来をイメージしてもいいんですよ。

苦しまなくても、明るい未来は来ます!

苦しむことを自分がイメージして、その中に突っ込んでいってるだけです。

あなたの得意は何?

そんなこと言っても、得意なんてわからないよ。

そう思ってる方は、自分の好きなことをイメージしましょう。

好きなことと、得意は繋がっています。

私はマンガを読むことが好きなのですが、かなり詳しいです。

マンガレビューも得意ですね。

レビューを使ってお仕事をしたり、直接依頼されて、作家さんご本人にレビューをお伝えする仕事もしています。

こんなふうに、好きと得意は密接な関係性があります。

あなたは何が好きですか?

自分の得意が誰かの苦手にマッチする

自分に苦手なことがあるように、他の方にも苦手なことが存在します。

人それぞれですが、自分が得意としていることがその人にとって「苦手だな」と思う場合もあるんですよね。

料理が得意であれば、料理が苦手な人を助けてあげてもいいし、それがビジネスチャンスにもなったりします。

料理が苦手な人からは感謝されて、自分も幸せ。

しかも、得意なことをしているのですから、ストレスはありません。

みんなが幸せと思える状態になったら、いいですよね〜!

想像しただけで幸せな気持ちになってしまいました(笑)。

自分の得意を伸ばして、苦手なところはお願いしよう

自分の得意なところをどんどん伸ばせば、仕事でもうまくいく確率が上がるし、自分が認められるチャンスも広がります。

苦手なことは、それが得意な人にお願いすればいいんです。

自分が得意な分野で頼られるって嬉しいですよね。

だから、苦手なことでは人に手伝ってもらったり、頼っても大丈夫です。

自分の得意なところでは、その人を助けてあげて下さい。

みんなが助け合って幸せを共有できたら、幸せのエネルギーはとても大きいものになります。

とんでもない奇跡も起こっちゃうかもしれませんね〜!